Fool on the Wheel!!

I Love Motorcycle!!

FTRのFCRをセッティングする。

Super buildのマフラーに換えてからなかなかキャブのセッティングが出ず、仕事も忙しくて放置気味だったFTR223。

 

カブ乗ってた頃から、イマイチ上手くできなかったのもあってキャブセッティングには苦手意識が…。

 

しかし、いつまでも放置しておく訳にもいかないので重い腰を上げる事に。

 

まずは現状の把握から。

 

ノーマルマフラーだった頃は、なんとなく走れてたのでMJもSJもFCR購入時のままで

 

・MJ#125

・SJ#42

・PAS1回転開け

・ニードルクリップ真ん中

 

こんなセッティングでした。

 

グリップに開度がわかるようにマーキング。

 

f:id:fool-on-the-wheel:20180522200933j:image

 

とりあえず、ざっくりと四段階。

 

抜けが良くなった訳だから、混合気を濃い方向にするので間違いないはず。

 

手持ちで一番大きいMJ#135をぶち込んで様子をみる。

 

走行中グリップのマークをチラ見しながら開けていくと、1/2くらいの所まで来ると「ブブッ」となって(おそらく)濃過ぎの症状が出た。

 

でも、そこを過ぎると上までちゃんと回るからMJの領域である真ん中より上はだいたい合ってそう。

 

FCRには加速ポンプという装置がついている。

ざっくり言うと、アクセルをガバッと開けた時に水鉄砲みたいにガソリンを噴射して空気と燃料のバランスが崩れるのを防ぐ装置。

フロート室の横にあって、スロットルに連動してロッドが押し下げられると作動する。

とってもアナログ。

 

f:id:fool-on-the-wheel:20180522232716j:image

 

ファンネルを外して中を覗きながらスロットルを開いてノズルからガソリンが噴射されたところで手を止めて位置を確認すると

ちょうど1/2辺りで濃過ぎの症状が出る部分と重なる事が判明した。

 

試しにロッドを外して加速ポンプをキャンセルして試走してみたら、全域で綺麗に回るではないか…。

キャンセルして終わらせても良いかなとちょっと思ったが、それじゃ負けな気がしたのでちゃんとセッティングと向き合う事にした(笑)

 

f:id:fool-on-the-wheel:20180522233253j:image

 

長くなりそうなので、次回に続く。