Fool on the Wheel!!

I Love Motorcycle!!

FTR223、エンジンを載せ換える。

おそらく2000年式であろう僕のFTR。

 

オイルが上がってるのか下がってるのかわからないが、回すと白煙を吐くようになってしまった。

 

白煙が出ると言う事はオイルが燃えている訳で当然オイルが減る。

最近は結構な頻度で継ぎ足さなくてはならない状況だった。

 

それに加えてクラッチも滑りだした。

 

メインのVmaxもエンジンにトラブルを抱え乗れないのに、FTRまで乗れなくなってしまったら…。

 

非常にマズい。

 

選択肢は二つ。

腰上とクラッチのオーバーホールをするか、エンジンを丸ごと換えてしまうか。

 

オーバーホールは開けてみないと交換しなくてはならないパーツがわからない上に、作業も一日では終わらないだろう。

 

で、一か八かエンジンを丸ごと載せ換える事にした。

 

ヤフオクで説明文を読み大丈夫そうなをいくつかウォッチリストに登録。

 

f:id:fool-on-the-wheel:20170921011636j:image

 

競り合う事もなく無事に落札。

 

パーツリストで調べたオーバーホール用の部品を買って工賃を払うよりだいぶ安かったのだが、もし駄目だったら目も当てられない(笑)

 

中一日でカンガルーさんが持って来てくれた。

 

まずは調子の悪いエンジンを降ろさねば。

 

今まで、エンジンの積み降ろしなんてカブ位しかやった事なかったのだが、単気筒の空冷だしそんなに難しくはないはずだ。

 

まず作業に邪魔なキャブレタースプロケット、シフトペダル、マフラーを外す。

 

エンジンを留めているボルト類を緩めて下にジャッキを咬まして下の方からシャフトを抜いて右側に倒すとエンジンが降りた。

 

f:id:fool-on-the-wheel:20170921012245j:image

 

意外とエンジン重いのね^^;

 

で、外したのと逆の手順で新しいエンジンを搭載。

 

手が真っ黒だったので写真は無し(笑)

 

ドレンキャップを外すと、エンジンオイルとは思えない茶色い液体が少し出て来た。

 

いつから動かしてないエンジンかわからないので一度フラッシングする事に。

 

近所のホームセンターで1ℓ/500円くらいの怪しいオイルとHONDA純正のG1を買い、まずは緑色の怪しいオイルを投入。

 

キーを捻り、セルを回すと呆気なくエンジンが始動した。

 

良かった、異音も白煙もない。

 

工具を片付けながら、しばらくエンジンをかけておいて怪しいオイルを抜く。

 

多少汚れてはいたが、エンジン内部はそんなに酷い状態ではなかった様だ。

 

f:id:fool-on-the-wheel:20170921013618j:image

 

抜け切った頃合いを見て、G1を投入。

 

レベルゲージを確認しながら、ほぼ規定量の1ℓが入った。

 

ガソリンがあまり入っていなかったので、給油がてら試走に出ると今までのエンジンとは雲泥の差。

信号待ちでオイルの燃える匂いもしないし、回転を上げて走っても動力が無駄にならずちゃんと伝わりキビキビと走れる。

 

もう少し走ったら、エンジンを留めてるネジ類の緩みチェックを忘れない様にしないとな。

 

一か八かのエンジン換装は大成功。

 

f:id:fool-on-the-wheel:20170921014639j:image

 

しかし、一つ謎なのはMD33E-23〜のエンジンナンバーって元々どの車種のエンジンなんだろか?^^; 

 

多分FTR用ではないと思われる。

ま、無事積めて動いたからなんでも良いか(笑)