Fool on the Wheel!!

I Love Motorcycle!!

ETCをつける。

高速走れるバイクの必需品と言っても過言ではない便利アイテムのETC

Vmaxが僕の所に来て、まず最初に取付けたのですが備忘録を兼ねて。

 

色んなブログやらで調べていると、タンデムシートの下の工具入れに設置してる人が多いみたい。

 

スペース的には良いのかも知れませんが、一つ大きな問題が。

 

そう、鍵がかけられないのです。

 

僕のETC車載器はアンテナ別体式なのですがカードを挿しっぱなしにしている事も多いので別の場所に設置する事にしました。

 

ダミータンクカバーの中にあるエアクリーナーボックスとクーラントのリザーバタンクの隙間にジャストフィット。

 

f:id:fool-on-the-wheel:20160921073822j:image

 

ここなら鍵もかかるしバイクから離れる時も安心して挿しっぱなしにしておけます。

 

※若干無理矢理押し込んでる感じになるので、車載器に傷がつくかも知れません。

 

次に、電源を確保します。

 

すっかりお馴染み、電気系カスタムのスペシャリストTさんに作業をお願いしました。

 

オートバックスに行って、ヒューズから分岐して電気を取れるパーツを購入。

 

 

エーモン 平型ヒューズ電源 10Aヒューズ差替用 E529

エーモン 平型ヒューズ電源 10Aヒューズ差替用 E529

 

これをイグニッションの10Aのヒューズと挿し替えてETC車載器のプラス線と繋ぎます。

 

f:id:fool-on-the-wheel:20160921073839j:image

 

ヒューズボックスの蓋を少し加工しないと閉まらないので注意です。

 

抜いたヒューズは予備として蓋に貼っておきましょう。

 

アース線はバッテリーのマイナスに直接繋ぎます。

 

キーオンで通電確認。

 

仕上げは長過ぎるアンテナ線を、左ダミーダクトの中で巻いて調節してから

 

f:id:fool-on-the-wheel:20160921073918j:image

 

フレームに沿ってメーターとヘッドライトの間のここに両面テープで貼り付けました。

 

f:id:fool-on-the-wheel:20160921073932j:image

 

アンテナにステータスランプがあるのですがランプが料金所手前で点滅し始め異常だとわかり端っこのレーンに退避して

交通量の多いレーンを閉鎖せずに済んだ事がありました^^;

 

f:id:fool-on-the-wheel:20160919084517j:image

 

今の設置場所だと、キーオンした時は確認出来るけど走行中は見えないのでちょっと怖い。

良い方法があればなんとかしたいですね^^;

 

後日、首都高でゲートがちゃんと開く事を確認してETC取付け完了です。

 

一度使ってしまうともうチケット取ったりお財布出したりするのには戻れません。

 

まだの方は是非導入してみてはいかがでしょうか。

バイク専用の車載器は割高だとは思いますが、バイクライフが変わりますよ٩( 'ω' )و