読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fool on the Wheel!!

I Love Motorcycle!!

ツーリング中、悲しかった思い出。

雨ガエル1号さんのブログで、フェリーの船員の酷い対応のエントリを読んで
しまなみ海道を走った時に、料金所で酷い言いがかりをつけられたのを思い出しました。

あー、今思い出しても腹が立つ(#・∀・)

あれは2014年7月の事でした。

サッカー観戦の為にカブで徳島に行った帰りに、なかなか四国なんて来られないので
憧れのしまなみ海道を走ろうと思い、旅の計画を立てました。

メインの目的のサッカー観戦で応援する浦和レッズが見事に勝利を収め
試合翌日しまなみ海道の入口である今治まで西に移動しながら途中うどんを食べ歩き
いよいよ明日だ!と幸せな気分で駅前の宿に泊まり、ついに橋を渡る日の朝を迎えました。

早起きして6時半には最初の橋の入口で記念撮影なんかしていました。

f:id:fool-on-the-wheel:20160208151726j:image

まさかこのすぐ後に楽しい気分が全部吹っ飛ぶとは思いもせずに…。
今治側の最初の橋は来島海峡大橋です。

f:id:fool-on-the-wheel:20160208151751j:image

案内標識に従って走ると料金所が出てきました。
詰所と金属製の賽銭箱みたいな料金を入れる箱が置いてあったので
通行料の200円を投入して、グローブを着けて走り出そうとした時に
詰所に居た爺さんが窓を開け話しかけてきました。

爺「ちょっと待て、今100円しか入れてないやろ?」

僕「え?ちゃんと200円入れましたけど?」

爺「いや、今硬貨の落ちる音が一回しかしてないで」

と、妙に自信満々に言いがかりをつけて来たのです。

僕「いやいや、ちゃんと入れましたって」

爺「兄ちゃんが今日最初の客やから、箱開けたらバレるで?素直に認めたらどないや」

(#・∀・)は?
なんて無礼なジジイなんでしょう。
普段は争い事はなるべく避ける温厚な僕も怒りで手が震えます。

僕「だったら開けて確認してみろよ!入ってたらどうするつもりだ?」

自分から言いがかりつけて来たくせに、面倒臭そうに詰所からジジイが出てきて
料金箱の鍵を開けて中を見てみると…

当たり前ですが200円入っています。

僕「おい、どう言うつもりだよ。すごく楽しみに埼玉から来たんだけど、どうしてくれるの?」

爺「・・・すみませんでした

僕「は?聞こえないんだけど!(#・∀・)」

爺「・・・。」

ものすごく気分悪かったんですけど、こんな所で大声で怒鳴ってる自分も嫌だったので

僕「とりあえず領収書よこせよ、あとクレーム入れとくから」

ジジイは無言で領収書を切って目も合わせません。
これ以上は時間の無駄なので次の島に向かって走り出しました。

埼玉の人はわかってくれると思いますが海なし県に住んでると
海を見るとちょっとテンション上がりますよね?
ですので晴天の下、青い夏の海を見ながら走っていると少しは気分良くなってきましたが
料金所の一件がなければもっと楽しかったと思うと残念でなりません( ;∀;) 

今度こそ気分良く走りたいのでいつかリベンジしに行ければと企んでおります。

f:id:fool-on-the-wheel:20160208151819j:image

あ、もちろん運営する会社にジジイの名前と、こんな事されたと文句の電話しておきました。
クビにでもなってれば良いと思います。

ツーリング中の悲しい思い出でした^^;

では(笑)